ニキビがでやすくなります

妊娠してすぐの時期には、どうしてもホルモンバランスが乱れてしまうので、ニキビがでやすくなりますよね。

また、妊娠に付随した精神的ストレスも、ニキビができる原因の一つになります。

さりとて、抗生物質などは使用が出来ません。

ホルモンバランスがしっかりと整えられるように、この時期にはまずリラックスをして、安静に体を休めておくようにしましょう。

このごろ、ニキビを重曹でケアできるとよく取り上げられています。

弱アルカリ性の重曹が油分を分解する効力を発揮し、重曹を加えた洗顔料を使って洗顔すれば、毛穴の汚れや角質の除去ができて、ニキビ治療に効果的に働くと期待されているのです。

ただし、研磨効果のある重曹を入れた洗顔料を使うと、肌を傷つける可能性もあるため、試す時には、注意を払って行ないましょう。

ニキビ予防を行ったり、出来たニキビを治すには、バランスの取れた食事を食べていくことが大切です。

特に野菜を多く摂っていくことは、極めて大切なことです。

ミネラルやビタミンが野菜にはたっぷりふくまれていますから、それらをしっかり意識して食べるのが一番良いのです。

顔にできたニキビが炎症を起こした場合、洗顔の際などにちょっと触っただけでも、痛みを感じてしまいます。

ですから、ニキビが炎症を起こしている時には、どんなに気になっても、指で触るのは絶対に辞めた方が良いと思います。

なぜなら、触ると痛いというだけではなく、指から雑菌が侵入して、ますます炎症がひどくなるからです。

私はニキビを防ぐために、リマーユのプラセラ原液を使っていますし、毎朝、果物を食べるようにもしています。

その時期の旬のフルーツを欠かさずに摂取しています。

果物を食べて、プラセラ原液を使うようになってから、肌を褒められるケースが多くなり、生理前でもニキビが発生しなくなりました。

プラセラ原液はニキビにも効果があるので、ホント助かっています。

もっとも、お通じが改善されたことも、吹き出物が発生しなくなった一つと言えるかもしれません。

知らないだけかもしれませんが、ニキビに効果がある飲み物は、ほとんど知られていません。

でも、強い炭酸飲料や辛い飲み物などは、肌荒れになる事があるので、控えた方が良いです。